« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »

2016年11月

2016年11月23日 (水)

生き忘れる

気が付けば11月が終わる。このあいだまで暑かっただろうに。ハロウィンだっただろうに。引き留められるはずもなく、ただただ時が流れる。

今日もニュースで人が死んだ。もうその人がいない明日を私は生きる。いつかは私がその番になる。私がいない、明日が、いつかかならずやってくる。
だとすれば、毎日こんなに雑に生きていいのだろうか。仕事はもっと、はがしやすくしなければならないのではないか。

2016年11月13日 (日)

そして

この週末は仕事でした。倒れる。

2016年11月 6日 (日)

丁寧に

先週は木曜日が祝日だったため、雑に過ごしてしまったように反省している。

今週はまずは丁寧に。言葉は少なく。しかしやりとりは丁寧に。注意をむけて。行動が雑になる時、自分では気づけないから。
上司との距離についてはまだまだ検証中。どれくらいがわたしにとって(おたがいにとって)適切な距離なのか、距離感なのかを。このような検証作業は嫌いではない。

2016年11月 3日 (木)

いちどきり

上司との2人仕事が終わった。非常な重圧であった。

会社から管理職として認められた場合に、それは全人格を会社外でも認められた、自身の中での上下関係について都合がいいため、どこでもそれを利用する人格というのは、古い世代には珍しくないように思う。社会と会社が一体であると考えているのだろう。日本人は上下でしか関係を認識できない、と表記したのは「菊と刀」であったか。まず会社の上下を判断し、次に会社内の上下を認識する。そしてそれを会社外でも当然のように使う。なぜなら、それは自分にとって都合がよいからだろう。
なんというか、結局のところ、社会も会社も人しか持ちえないのだから、その理解には人格が大きく伴うのだろう。会社に価値を持ちえない私のような世代は、彼らに従うしかなく、そして、プライドが彼らと同じ行動を許さない。
われながら面倒くさく、また、やっかいなプライドだとわかっているのだが。

« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »