« 2016年8月 | トップページ | 2016年10月 »

2016年9月

2016年9月25日 (日)

えるものなし

先週は祝日が2日あったのだけれど、仕事というか上司とについて考える時間だけが積みあがったため、結局のところ、心が疲れた。問題点は多いのだが、いずれも私ではどうしようもない、と結論付けた。したがって考えないのが解決策なのだが、これまた繰り返しだ。

ああいう人たちが社会の大勢なのだろうか。あれが正解なのだろうか。あああるべきなのだろうか。そっちのほうが私に心には負担が多い。いずれにしても負担になるのか。
楽になりたい。では楽とは、どのような状態なのだろう。それを考える。

2016年9月19日 (月)

また結局

なんとか休んだ。とはいえ、結局仕事について、とりわけ上司、上役についてばかり考えていたので、これはもう、転職するとか、ドラスティックな変化が必要なのではないだろうか。夜に考え事はしないようにしているのだが、考えるのを止められない。

こうして、文章をしたためて、心の平穏を確立する。

2016年9月17日 (土)

悪化する

事態は悪化する。

大体、上司とは、自分のコピーと思えるような人をすくいあげる。自分が(会社から)認められたのだから、この方式が正解なのだとなり、自分に似た人(都合のいい)を選び出すのだろう。
せめてカタチのうえでも3連休としたいため、朝まで働いた。今週から新しいリーダーが配置されたのだが、こいつが、とにかく、その問題の上司と似たメンタリティを持っている。他部署の人間だから知らずにいたのだけれど、よくこんなに似た人格が近くにいたな、と驚くばかりだ。
どうして、こう、年を取ったおっさんは年齢をまず第一の判断基準とし(自分より下しか見ないけど)そのままプライドに自分をコントロールさせることが平気なんだろうか。
こんなところでしかなにもできない自分もおかしい。

2016年9月11日 (日)

辛さの正体

すこし状況が変わったのだが、それを見て思ったこと。

怒る人はいる。本人は「正しく怒っている」つもりなのだろう。んがしかし、怒って問題が解決した経験なんてないんだけど。単に「面倒な人」にカテゴライズされて、その人の視界から問題が消えてなくなるだけなんだと思う。
怒りたい気持ちわかるけど……。
いずれにしても上司がクソなのは変わらず。すこし、私の認識も変わってきて、どの辺の上司までが「クソ」なのかはちゃんと見よう。

« 2016年8月 | トップページ | 2016年10月 »