« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »

2012年9月

2012年9月29日 (土)

あきらめない

ここにあきらめないとだけ記す。
現実的ではあるけれど、あきらめたくないからだ。

2012年9月27日 (木)

やりもて戦え

すこし話をした。それだけでこの不安の原因がわかったような気持ちになった。
人と話をするのが好きだ。言いづらいことでも言いたい。そして人から言葉を貰
いたい。自分の中から出てこない言葉に触れたい。

自分からまず声を出さないと誰も喋らない。意味もなく構えて、何も守るものな
んてないのに、何かを守りたくて、行動ができない。自分は守るものなんてない。
これから得るのだ。だとするならもっともっと行動しやすいし、考えるだろう。
僕はこれから得るのだ。人から。だから言葉を使うしかない。やすやすとは出て
こない。千万、百万の言葉を使って人から言葉をもらうのだ。

そう明日から生きようと思う。

2012年9月23日 (日)

微分された時間

その瞬間にいくつのことを思いつけるかがその人の価値の一つなのだと思う。
何も思いつかない人もいれば、無理なことまで思いつく人がいる。
心のどこかで「言っても仕方がない」と思うことで思考に制約というか、思考を
止めてしまっている。前はダメだったけど今回はいいかもしれない。そう考える
ことが人の価値なんだろう。明日からはそう考えて、考える前に結果を想像して
小賢しくうまくやろうとするのをやめようと思った。

2012年9月17日 (月)

なんかこう

心をが強くなるレッスンのようなもののため、一日3つの良かったことをひねり
出していたのだが、それも続かなかった。思い返せば3つくらいはいいことがあ
ったのだろうけど、それを覆い隠すほどの嫌なことがあったのが現実だった。小
さな良かったことを見つけて、それで満足して生きて行かなければならないのだ
ろうか。いろいろと考えさせられる。

言われたことをしている間は仕事は面白く無いだろう。言われる前に思いついた
ことをするのが仕事の本体であろうけれども、それが上司の想定と合わなければ
無駄にしかならない。そうならないように事前調整がいるのだろう。

もっと仕事がうまくなりたかった。過去形なのはもう諦めているから。

巷に溢れ出るビジネス書、自己啓発本。これほどの情報量を人は摂取して行かな
いと一人として仕事ができない世の中だとしたら恐ろしい。あまりに求められて
いる行動規範が多すぎるのではないだろうか。

行動規範の複雑さと、現実の単調さが人を追い詰めているのではないだろうか。

2012年9月15日 (土)

不安で寝られない夜

毎日が不安で寝られない。薬を飲むと昼間に影響が出る。飲まないと寝られない
ので昼間に影響が出る。どっちにしてもダメなのだから詰んでいる。
最近、異常に発汗する。なんだろう。もう壊れてしまったものは治らないのだろ
う。何度も何度も思ったことだけど、改めてそう思った。

幸せになりたい。

2012年9月 6日 (木)

今日の3つ

1.朝の仕事がうまくできた
2.お昼に揚焼売を食べた。うまかった。
3.帰宅してビールを飲んだ。うまかった。

2012年9月 2日 (日)

昨日のみっつ

1.プールでいっぱい泳いだ。
2.ちゃんと演じられた。
3.日に焼けた。

金曜日のみっつ

1.ひきわたしがちゃんとできた。
2.今週予定の作業が終えられた。
3.ドイツ語がしゃべれた。

« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »