« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »

2012年8月

2012年8月30日 (木)

今日のみっつ

1.セットアップが完了した。
2.他社とのやり取りがうまくできたはず。
3.腹いっぱい食べた

2012年8月29日 (水)

今日のみっつ

1.報告書が終わった。
2.アウトランが遊べた。
3.そばがうまかった。

2012年8月28日 (火)

今日のみっつ

1.タブレットのセットアップを終わらせたこと。
2.マックによってハンバーガーを食べられたこと。
3.家族と話せたこと。

2012年8月22日 (水)

ひさしりぶりにあったひと

今日、久しぶりに元上司と会った。いろいろと言葉をかけてもらったが、ちゃん
と返せただろうか。どう答えたのか思い出せない。
一瞬にして緊張し、頭の中が真っ白になる。表情が判らない。相手の言葉の裏を
知ろうとするため反応が遅くなる。そんな自分を見ている自分がわかる。

逃げることと距離をとることは別だ。距離をとって、相手をじっくり観察して、
自分の手札を確認して、それから注意して接近するのも戦術だろう。そしてどこ
まで接近するのか、どこで再接近するのかは戦略ではないだろうか。

距離をとることは悪いことではない。誰だって防御姿勢をとっている。本能的に
距離をとっているはずだ。しかし、うつ病ではそれが許されないのだろうか。

僕はまだ距離が必要だと思った。

2012年8月19日 (日)

やがて日は沈む

心の平穏というのは時間だけが必要だ。
かれこれ半年以上、それを得ようともがいているように思う。避けるのではなく、
正面からじっと自分を見つめて、現実を見て、その上で平穏を得る方法を考える。
平穏とは続くものではなくて、不穏と不穏の間をつなぐ状態であり、いかに不穏
の状態から抜け出そうとするかが平穏の正体なのだろう。
不穏から逃げては平穏は得られない。不穏から逃げると不安が付きまとう。それ
では平穏を得られない。不穏を確実に片付けること。それが平穏を手に入れる唯
一の方法だろう。最近そう気づいた。不穏ばかりだと平穏に気づけない。平穏ば
かりだと不穏が不要に大きく見える。じっと、しっかと、不穏を見定め、その不
穏の足元と根本に存在する原因を特定すること。それが平穏に続く。

やがて、平穏な夜が訪れるのだろう。

2012年8月 9日 (木)

どこに居ても、行ってもそういう人がいる。

おそらくどの職場にも厄介な人はいるのだろう。
そう思うと転職を考えるのひどく億劫になってくる。もうIT業界はまっぴらな
のだけれど、だからって他の職種ならああいう人たちが居ないのか、というとそ
んなことはない。不思議である。

どこに行っても、諦められている人、というか、もうその人のやり方に皆があわ
せざるを得ない人というのが居る。そのために効率が悪かろうが、ミスが発生し
ようが、失敗しようがみな許容している職場。諦められているというか。その人
にとってだけ居心地がいい職場というか。

転職を考えるのだけれど、結局どこにもで居るそういう人にすり減らされている
のだろうと思うと、どんな仕事でも結局は人と人で行うことなのだから、最後に
はそのどこにでも居る人のせいでどうにかなってしまうように思う。

コミュニケーションが正常に取れる人。そういう雰囲気を作る人。他人に興味の
ある人。自分に興味を外に押し付けない人。

そういう人が一人でも多い職場にあこがれる。そして、それはIT業界にはあり
えないというのが僕の結論。

2012年8月 2日 (木)

現在の症状

以下、自分用メモ。自分の心というか、現在の精神状態について

・やる気が出ない。
新しいことに心が動かない。というか仕事についてだけ心が動かない。

・眠い
薬の副作用だと思われるが、寝つきがよくなったので歓迎している。

・猜疑心が強くなった。
心理的動向として。ただこれを改めるつもりはない。

・太った
あきらかに薬の副作用。

・キーボードのタイプミスが増えた
一文字前後する、思っているのと違う文字を入力するなど。注意力が足りないの
か、老化か。いまも「老化が」と入力した。単に短気になったのかもしれない。
だとすると薬の副作用も考えられる。ゆっくり入力すれば問題がない。

・手がしびれる
これは関係がないかもしれないが。

これくらいかな。思いついたら追記しよう。

« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »