« 2011年12月 | トップページ | 2012年3月 »

2012年1月

2012年1月16日 (月)

【書評】六花の勇者

 知人に薦められて「六花の勇者」を読んだ。内容が相当ひどかったので検証し
ていこう。当然ならが以下ネタバレを含む。留意されたい。また誤読、読み落し
があるようならご指摘いただきたい。
 
 
1.六花の紋章について
 まず前提として六花の紋章のデザインは誰が知っているのか。全員同じだから
その紋章がただしい、とするのはおかしい。今回一人は本物と見分けのつかない
紋章を作ったのだから、それと同じ紋章を全員がもっているということは、単純
に考えるなら、全員が偽者である。
 また、作中ではある夜にその紋章が選ばれた六人に奇跡的に発生するのだが、
偽者の紋章も同時発生したのは理由がわからない。これも全員が偽の紋章である
と考えるなら合点がいくのだが。
 
 あえて表現するなら「今回の偽者」であった姫のところには、闘技大会優勝者
が存在するのだから、かなりの確率で六花の勇者に選抜されるのは読めるのだが、
姫のところに偽の紋章が発生したのは本物の紋章と同時であったと考えられる。
これが事前に発生させそのときを待ったとしたのなら、不自然な点がある。
 
 ・姫に紋章を事前に発生させた場合には隠し通すのが難しい。
  姫という立場上侍女が肌を検める可能性は蓋然性以上の発生確率であろう。
  
 ・主人公に紋章が発生した際に間髪いれず姫がその場に駆けつけている。
  偽の紋章である姫がこれほど性格に発生を把握しているのは不自然である。
  
 結局、姫からここの説明はなかった。
 そのため、今回の勇者六人すべてが偽者である可能性は依然として残る。
 また紋章の発生位置が全員異なるのも意味がわからない。沢村が9人のボール
型のあざを探すのならわかるが……。
 
2.封印の聖者について
 作中の聖者の奇跡について以下の条件がある。
 ・奇跡は同一の場所に重ねて発生できない。
 ・奇跡はその執行者である聖者の死亡で即時に終了する。
 
 封印の奇跡についてその聖者が4年前に死亡しているのに、以前神殿の扉には
存在し続けたのが理解できない。一度開ければ二度と閉められない封印だとして、
この神殿計画を知らなかったにしては、山の聖者はくわしすぎるのではないか。
 
 
3.解決について
 これはもう作法の問題だが、最後に偽者を特定するキーアイテムが突然現れる
のも面食らった。しかも、それがヒント程度ではなく、もはや正解を示すに近い
アイテムであるため当惑はひどかった。何考えてんだ。
 これが先の戦闘場面で沼の聖者が何か気配を感じ取り、そのために和解したの
ならまだわかるのだが。


4.ラスト
 またおんなじネタで偽者探しすんの? 前述の理由で全員偽者確定なんだけど。

« 2011年12月 | トップページ | 2012年3月 »