« 2011年2月 | トップページ | 2011年12月 »

2011年11月

2011年11月22日 (火)

仕事も方便

仕事、が、自分のため、の人は早くに目的を確立している。
昨日も言ったように、仕事とプライベートを対立させている人は、仕事に対して
目標がない。そのために仕事の評価がますます下がっていく。

まずは、仕事に目標を立てよう。自分の人間的(?)成長も仕事を通して得られ
るのだから。

仕事とは人と人との間の出来事であり、経験であり、真剣勝負であり、まじめな
アソビである。仕事を通して何ができるのか、自分をどうしたいのか、どこへと
至りたいのか、が明確になってなければならない。

つまり、今となっては就職活動やら、転職やら、さまざまな方法があるのだけれ
ども、究極のところ、仕事とは人生であり、その先に得られるであろう結果に対
して同意できる仕事こそを選ぶべきなのだ。

というわけで、今の仕事が辛い。

仕事との対立。

仕事とプライベート(日本語で適当な言葉がない)を対立させるのがおかしい。
仕事、というものは、生きるうえで相当な比重を占めることがらだ。つまり、生
き方、とは仕事で決まるように思う。
趣味が生活の、自分の中心だと錯覚したいがために、仕事を敵視するのは、生活
が立ち行かなくなる。もっと仕事に対しての接し方を考え直さないといけない。

つまり、もっと楽しく働く人を学ばなければならない。

どんな仕事だって厳しい。この仕事の厳しさ、というのはどこから来るのかにつ
いてもっともっと考えなければならない。

どうして仕事は辛いのか。厳しいのか。なのにどうして必ず働かなければならな
いのか。
そして、どうすれば、仕事と自分とが対立せずに済むのか。

それについてしばらく考えていこう。

2011年11月20日 (日)

ぶんしょうのさいかい。

いろいろと書くべきだ。
興味があること、だけでなく、できることなら目をそらしたいことについて、徹
底的に書くべきだ。そう自分に言い聞かせるために、今書いている。
それをネットに公開する。誰かに読んで欲しいからだ。できれば意見が欲しいの
だけれど、それは高望みがすぎるだろう。

今、自分が書きたいのは仕事について。

毎日、すこしづつ書いていこう。

« 2011年2月 | トップページ | 2011年12月 »