2017年5月21日 (日)

正気に返った

連休明けから今日が初めての休みだった。

人が減ったままで、どうしようもなくこなしているだけだ。

2017年5月 7日 (日)

今年は

今年は暦通りの連休となった。4月中に仕事の整理は進めたため、こころやすく休めた。

明日からぼつぼつやっていこう。仕事そのものの疲れではなく、人との関係の軋みがストレスの原因なのだから、つくづく異常なのだろう。

2017年4月30日 (日)

あすから五月

新体制での一か月が終わった。休日出勤なし。だったと思う。

先週くらいから上司の動きが変わったように思える。自席にいる時間が増え、こちらからアクセスしないと情報提供がなくなった。静かではいいのだけれど、さじかげんのむつかしい人だとつくづく思った。
明日から五月。なにが起こるのか。

2017年4月16日 (日)

よくわからない1週間

今週は課長があっちこっちの客先にいったため、まったくいなかった。今週だけではなくて、これからずっと、そういう段取りでやってくらしい。課長業はいつ処理するのかよくわからない。現場が対応するタスクを上役が担当するのが、彼の組織の設計だったのだろうか。よくわからない。

2017年4月 9日 (日)

最初

新体制で最初の1週間が終わった。この週末は休暇となった。月末までの作業量と人数を考え合わせると、前倒しできる間は稼ぎ出いところなのだけれど、だめだったらダメで「人が足りません」と言える理由になるかと、あきらめた。達成していしまうと、人数減が正解だったとなり、それはそれで業腹にも思う。

2017年4月 2日 (日)

あたらしくなった

予定通り先月末で退職と異動が行われ、いちどにチームの人数が減った。作業量について3月中にいくどとなく課長に報告と調整、人員配置を相談したのだが否定的だった。こうなった理由についてはいちばん具体的にわかっているのだろうけど、それを認めるわけにはいかないのだろう。

明日からはできないことはできないというのが仕事のひとつ。

2017年3月19日 (日)

ひさしぶりに日曜の夜

結局、昨日は仕事だった。今日、明日と休み。とりあえず今日は何もしなかった。

2017年3月17日 (金)

金曜に到着

今週から引き継ぎが本格化。人が減りすぎだが業務は減らず、単に課長の無能さを内外に伝えるだけのように感じながら、就業していた。果たして大丈夫なのだろうか。もし、人数減でも事業に影響がないとわかれば、増員はないのだろう。となると、あの課長は結果としては、効率化達成となるのだろうか。

2017年3月11日 (土)

ままならない

今週もままならないまま終わった。ばんばん人が減っていくのだけれど、当然それは人事権を持つ課長の方針なのだから、何を考えているのかは伝える義務があるのではないだろうか。今の上司に限らず、どうにも上司とは説明をしないように思う。私からそれをどうにかするべきなんだろう。ただ、それをよしとする上司だったり、会社の文化だったりの問題点はあるだろう。そして、今はそれを望むべくもないし、それが理解でき、期待できないから退職していくのだろうとは想像する。

破綻して終わるのだろう。たぶん。

2017年3月 5日 (日)

責任をコントロール

先週も課長といろいろあった。

打ち合わせなど終了後に「私が言ったことと違う」「そんな意味ではいっていない」など、責任逃れをつどつど聞かされた。
もうわかっているので、事前に口頭でのやりとりの意味は確認しているのだが、それでも、それを無視して、後から意味を変えるし、発信側の問題でないとすり替える。私に対してすり替えを実施してどうするのだろう。また、私もその都度「事前に確認しましたよね」とやんわりいうのだけれど、それが気に入らないのか、へそを曲げて、無口になる。
心底、監督職に向いていない人格だと思うのだが、私はその彼より評価されていないのだから、なんともやりきれない。
3月なので、ますます心が擦り切れそうだ。

«帰宅