2017年9月18日 (月)

地の果て

来週から年内は忙殺確定。人は増えない。3人の仕事を2人でしてこそ利益が出るらしい。

年内に何人やめるんだろう。

2017年9月10日 (日)

気鬱

気鬱。

先週は他部署からの調査依頼対応。資料請求やら相談のために外に出る機会が多かった。それは気分転換になったのだけれど、期待したような結果にはならなかった。当然ではあるけれど、期待とはそういうものだ。満たされれば運がよかったと考えるべきなのだろうけど。
そうは考えない人はいる。期待どおり以外は受け付けない人だ。
金曜の夜からずっと気鬱。

2017年9月 3日 (日)

半期終わりの始まり

9月。去年の9月を思い出す。今年は多少は業務が落ち着いたか。

まず一週間はぼーっとしたい。望むだけでなく、行動と結果につなげたい。

2017年8月20日 (日)

暑さのおわり

8月が終わりそうです。いま、こうして文章を書こうとしてるのですが、今一つまとまりません。しかたないので、まとまらないままこうして。

それほどのできごとがありました。今週くらいでまとめて、整理して、かたづけないといけないので、この週末は気がふさいでました。

2017年8月13日 (日)

穏やかな八月

昨年の8月のエントリを見返すと、荒れているのを思い出す。さんざんだった。

ああいうことがあると、最低ラインが更新されるので「あれよりまし」と判断してしまう。そうではない。今だって、十二分に底である。
結局、先週の突如退職の人の原因としてその直属上司がやり玉に挙がっているらしい、みたいな話が聞こえてきた。個人の問題に変換していいのだろうか。

2017年8月 6日 (日)

破綻

隣の課で先週月曜日から突然出社しなくなった人が、退職扱いとなった。

単純に考えて、原因は上司ないしは組織なのだと思うのだけれど、残った者を守るためにそうはならないだろう。
もはや原因分析から再発防止ではなく「次はどこだ」の状態だ。ゆっくりと終わりに近づいているのだろう。ひとごとみたいに書いてしまったが。

2017年7月29日 (土)

ここまでにあらすじ

8月。

特に思い入れはない。夏季休業はないからだ。人が減り続けている。何を考えているのか説明がない。聞くしかないのだろうか。聞けば回答が得られるのだろうか。
とりあえず、手帳に言葉を書いた。

2017年7月23日 (日)

夏本番

このまま7月末までは仕事量は落ち着く模様。上司が無力でも時間が解決してくれる。

去年の7月とは大違いだ。辛い。
最近は精神が落ち着いてきたのかもしれないが、実感はない。薄い。問題が解決したわけではないからだろう。

2017年7月16日 (日)

極私的

今日、極私的なことで、心理的ダメージを受けた。気づいてないうちに、趣味の情報についてプライドを持っていた。持ってしまっていた。そのためプライドが刺激されるような事態となり、そこで初めてプライドを持っていることに気付き、また、その持たなくていいはずのプライドが傷ついてしまって、2重に心労を感じてしまった。

趣味についてプライドを持っているとは、ほとほと自分にあきれた日となった。

2017年7月 9日 (日)

方向性

昨年のいまごろの日記を読み返した。おどろくほど状況が変わっていなかった。方向性は変わっていないのだろう。

«朝起きる。気が滅入る。