2017年2月19日 (日)

とどかなかったので

上司の上司に報告をした。課長に伝えたことはまったく伝わっていなかった。ことが確認できた。気持は想像できる。1人の問題など上司に伝えるものではない。のだろう。

だとしたら、解決する責任があるのではないだろうか。そこらの大人と同様に、報告、連絡、相談と口にする場面は多いのだけれど、それは彼の満足の為だけだったのだ。
結局、転職について具体的に上司の上司に相談した。残念だが。

2017年2月12日 (日)

やるせない一週間

上司と関係者、決定権を持つものがどうにもこうにも「時間」をコストとして認識していない節がある。「やればできる」とは課長のよくいう言葉だ。

で、それが何を招いたかというと、3月末で2名が退職となった。それに関してどういうやりとりがあったのか、私にはうかがい知れないが、結局退職するのだから取引は成立したのだろう。とはいえ、課長は去る者に対して態度を変えているのだから、どうにもならない。つくづく子供のような、無垢なプライドを持っている人だと感じた。
そして、それでもまだ退職しない私は、どうしようもないのだろう。

2017年2月 5日 (日)

2月になった

春が近い。つまり組織変更が近い。期待したい。都合がいいことがあると嬉しいのだけれど、そんな期待はできない。しかし、期待をして、こころおだやかに過ごすのは、僕一人を助けてくれるんじゃないだろうか。

2017年1月29日 (日)

とどかなかった

ここしばらくの業務問題点を再度整理して課長にメールで報告、口頭で相談した。まずまったく問題点が伝わっていなかった。もうあの人には期待していないので、伝えるほうの問題として対処するしかない。しかし、そのうえで「僕はそうおもわない」と断固拒否としかとれない回答だった。

これは伝える側の問題ではないと思う。

2017年1月22日 (日)

気が乗らない

月曜から土曜まで仕事、今起きた。どうにも心が晴れない。惰性でブログを書く。

いまから心を晴らす方法はない。青空が見たかった。

2017年1月 9日 (月)

さっそく

土曜日は仕事だった。もうどうしようもない。課長はいなかった。いろいろ考えるところは多い。

なにをしているのだろう。書くこともない。

2017年1月 2日 (月)

どうしようもなかった

年末年始であるが、30日まで仕事、新年は3日から仕事となった。年末は課長もいたので、明日もいるだろう。家庭と家族は大丈夫なんだろうか。よくわからない。

おそらく、会社の方がいごこちがいいのだろう。とてもではないが責任感からの行動ではない。また一年こんな毎日の繰り返しなんだろうか。憂鬱だ。

2016年12月25日 (日)

年末年始は情緒が加速する

年末年始のため、上司とからむ時間が増えている。好みではない。私はつねに、論点をきわめて圧縮して伝えるようにしているのだが、わかっていたことだが、もっと情緒的な情報連携がお望みのようだと最近気づいた。

そんなのは適当な観察で、やはり、説明がなく、そして、決して自分を改善しようとしない。
来年も続くのかと思うと、一区切りをみて、憂鬱が積み重なるのみだ。

2016年12月18日 (日)

ややもせず

年末が近い。管理職としては区切りの時期のため「カタチ」づくりが必要なのだとはわかる。

これに関して、私の心はちぢに乱れる。結局のところ、平素からどれくらい、区切りをつけられるか、終わらせる、責任を明確にするのかの意識の軽重の結果だろう。現場担当して、毎日につぶされるのはよくわかるが、それはわたしにはよくわからない。
ここまで書いて、私の心もよくわからない。メンタルがよくないのだろう。

2016年12月14日 (水)

わかるのか

今日も少し、上司と意見交換を。そっちが決定したことを説明がないのに、こちらに「わかっているのか」と聞かれても困る。だから「わかってない。説明がない。その判断はそちらの職分でしょう」とやわらかく伝えたら「ひとつ上の仕事をやってこそ成長が望める」とか言い出したので困った。説明がない。こちらの意見はあるので、それを伝えたところで、毎回否定されるだけなので、言わないだけだ。間違ったほうが、上司には気持ちがいいのだろう。

職制としての上司のはずだが、会社が世界の全ての人は、そこでの評価をすべての人に適用するのだろうか。

«まわす