2017年3月19日 (日)

ひさしぶりに日曜の夜

結局、昨日は仕事だった。今日、明日と休み。とりあえず今日は何もしなかった。

2017年3月17日 (金)

金曜に到着

今週から引き継ぎが本格化。人が減りすぎだが業務は減らず、単に課長の無能さを内外に伝えるだけのように感じながら、就業していた。果たして大丈夫なのだろうか。もし、人数減でも事業に影響がないとわかれば、増員はないのだろう。となると、あの課長は結果としては、効率化達成となるのだろうか。

2017年3月11日 (土)

ままならない

今週もままならないまま終わった。ばんばん人が減っていくのだけれど、当然それは人事権を持つ課長の方針なのだから、何を考えているのかは伝える義務があるのではないだろうか。今の上司に限らず、どうにも上司とは説明をしないように思う。私からそれをどうにかするべきなんだろう。ただ、それをよしとする上司だったり、会社の文化だったりの問題点はあるだろう。そして、今はそれを望むべくもないし、それが理解でき、期待できないから退職していくのだろうとは想像する。

破綻して終わるのだろう。たぶん。

2017年3月 5日 (日)

責任をコントロール

先週も課長といろいろあった。

打ち合わせなど終了後に「私が言ったことと違う」「そんな意味ではいっていない」など、責任逃れをつどつど聞かされた。
もうわかっているので、事前に口頭でのやりとりの意味は確認しているのだが、それでも、それを無視して、後から意味を変えるし、発信側の問題でないとすり替える。私に対してすり替えを実施してどうするのだろう。また、私もその都度「事前に確認しましたよね」とやんわりいうのだけれど、それが気に入らないのか、へそを曲げて、無口になる。
心底、監督職に向いていない人格だと思うのだが、私はその彼より評価されていないのだから、なんともやりきれない。
3月なので、ますます心が擦り切れそうだ。

2017年2月26日 (日)

帰宅

帰宅してすこしおさけを飲んで今に至る。この週末も出勤だった。上司もいた。当然なんだろうか。もうよくわからない。この時間はいつか返ってくるのだろうか。それもよくわからない。

給料にはなる。ではそれで時間を取り戻すような買い物、使い方を探すべきなのだろうが、ただただいまの上司が嫌で嫌で、それを考えると割に合わない。
こうして酒の力を借りて、ここに記す。あしたもしごとだ。 

2017年2月19日 (日)

とどかなかったので

上司の上司に報告をした。課長に伝えたことはまったく伝わっていなかった。ことが確認できた。気持は想像できる。1人の問題など上司に伝えるものではない。のだろう。

だとしたら、解決する責任があるのではないだろうか。そこらの大人と同様に、報告、連絡、相談と口にする場面は多いのだけれど、それは彼の満足の為だけだったのだ。
結局、転職について具体的に上司の上司に相談した。残念だが。

2017年2月12日 (日)

やるせない一週間

上司と関係者、決定権を持つものがどうにもこうにも「時間」をコストとして認識していない節がある。「やればできる」とは課長のよくいう言葉だ。

で、それが何を招いたかというと、3月末で2名が退職となった。それに関してどういうやりとりがあったのか、私にはうかがい知れないが、結局退職するのだから取引は成立したのだろう。とはいえ、課長は去る者に対して態度を変えているのだから、どうにもならない。つくづく子供のような、無垢なプライドを持っている人だと感じた。
そして、それでもまだ退職しない私は、どうしようもないのだろう。

2017年2月 5日 (日)

2月になった

春が近い。つまり組織変更が近い。期待したい。都合がいいことがあると嬉しいのだけれど、そんな期待はできない。しかし、期待をして、こころおだやかに過ごすのは、僕一人を助けてくれるんじゃないだろうか。

2017年1月29日 (日)

とどかなかった

ここしばらくの業務問題点を再度整理して課長にメールで報告、口頭で相談した。まずまったく問題点が伝わっていなかった。もうあの人には期待していないので、伝えるほうの問題として対処するしかない。しかし、そのうえで「僕はそうおもわない」と断固拒否としかとれない回答だった。

これは伝える側の問題ではないと思う。

2017年1月22日 (日)

気が乗らない

月曜から土曜まで仕事、今起きた。どうにも心が晴れない。惰性でブログを書く。

いまから心を晴らす方法はない。青空が見たかった。

«さっそく