2017年1月 9日 (月)

さっそく

土曜日は仕事だった。もうどうしようもない。課長はいなかった。いろいろ考えるところは多い。

なにをしているのだろう。書くこともない。

2017年1月 2日 (月)

どうしようもなかった

年末年始であるが、30日まで仕事、新年は3日から仕事となった。年末は課長もいたので、明日もいるだろう。家庭と家族は大丈夫なんだろうか。よくわからない。

おそらく、会社の方がいごこちがいいのだろう。とてもではないが責任感からの行動ではない。また一年こんな毎日の繰り返しなんだろうか。憂鬱だ。

2016年12月25日 (日)

年末年始は情緒が加速する

年末年始のため、上司とからむ時間が増えている。好みではない。私はつねに、論点をきわめて圧縮して伝えるようにしているのだが、わかっていたことだが、もっと情緒的な情報連携がお望みのようだと最近気づいた。

そんなのは適当な観察で、やはり、説明がなく、そして、決して自分を改善しようとしない。
来年も続くのかと思うと、一区切りをみて、憂鬱が積み重なるのみだ。

2016年12月18日 (日)

ややもせず

年末が近い。管理職としては区切りの時期のため「カタチ」づくりが必要なのだとはわかる。

これに関して、私の心はちぢに乱れる。結局のところ、平素からどれくらい、区切りをつけられるか、終わらせる、責任を明確にするのかの意識の軽重の結果だろう。現場担当して、毎日につぶされるのはよくわかるが、それはわたしにはよくわからない。
ここまで書いて、私の心もよくわからない。メンタルがよくないのだろう。

2016年12月14日 (水)

わかるのか

今日も少し、上司と意見交換を。そっちが決定したことを説明がないのに、こちらに「わかっているのか」と聞かれても困る。だから「わかってない。説明がない。その判断はそちらの職分でしょう」とやわらかく伝えたら「ひとつ上の仕事をやってこそ成長が望める」とか言い出したので困った。説明がない。こちらの意見はあるので、それを伝えたところで、毎回否定されるだけなので、言わないだけだ。間違ったほうが、上司には気持ちがいいのだろう。

職制としての上司のはずだが、会社が世界の全ての人は、そこでの評価をすべての人に適用するのだろうか。

2016年12月11日 (日)

まわす

社会人になると、PDCAをまわす、とよく耳にする。なんどもなんども耳にするし、誰もが知っているのだけれど、繰り返されるのだから、かなりむつかしい行動なのだとわかる。

まず「プラン」ができない。最初からつまづくのだ。
そのうえでやっかいなのが、これを口にする人は、自分はできていると思っているフシがあることだ。戒めだとしても、他人からそれを言われるのは自尊心が許さないタイプの人が多いように思う。
私の上司だが。私が思うに、自尊心の強い人は説明が下手だ。聞き返されるとまず怒る。だから誰からも質問されなくなる。自尊心の強い人とつきあうのは疲れる。

2016年12月 4日 (日)

ふるう

先週はなんとなく課長を避けられた一週間だった。今週は避けられない日が幾日かあるので、それがいまからとても憂鬱だ。この気鬱については、数値化できないために、退職理由にならないのように思う。とはいえ、今、私の心はこればかりを考えていて、生きるコストになっている。それを解決したい。はやく。

2016年11月23日 (水)

生き忘れる

気が付けば11月が終わる。このあいだまで暑かっただろうに。ハロウィンだっただろうに。引き留められるはずもなく、ただただ時が流れる。

今日もニュースで人が死んだ。もうその人がいない明日を私は生きる。いつかは私がその番になる。私がいない、明日が、いつかかならずやってくる。
だとすれば、毎日こんなに雑に生きていいのだろうか。仕事はもっと、はがしやすくしなければならないのではないか。

2016年11月13日 (日)

そして

この週末は仕事でした。倒れる。

2016年11月 6日 (日)

丁寧に

先週は木曜日が祝日だったため、雑に過ごしてしまったように反省している。

今週はまずは丁寧に。言葉は少なく。しかしやりとりは丁寧に。注意をむけて。行動が雑になる時、自分では気づけないから。
上司との距離についてはまだまだ検証中。どれくらいがわたしにとって(おたがいにとって)適切な距離なのか、距離感なのかを。このような検証作業は嫌いではない。

«いちどきり